めでペット
愛犬を介護しながら、お役立ち情報を探してみるブログ
飼い方のポイント

ペットの介護について大切なことと心構えとは?

愛犬介護生活

かわいい愛犬に介護が必要となった時に大切なことは?

近年の飼い犬の平均寿命は延びてきており、それに伴い介護が必要な時期を迎える老犬も増えています。

「おじいワン」「おばあワン」はとても愛らしく可愛さが増す反面、飼い主が睡眠不足になりやすい・力仕事である・衛生面への気遣いが必要となり、ストレスから倒れてしまうということもあり得るのです。

介護での悩みでは主に以下のことが考えられます。

・食事の世話
・オシッコやウンチの補助
・歩行の補助
・シャンプーをどうするか
・認知症の対策(わがままになる・夜鳴き・夜中の徘徊・食欲の急な増加や減少など)

避けて通れないこととはいえ、負担を少なく快適に過ごしたいですね。

愛犬介護の心構え

愛犬も飼い主もできるだけストレスのない介護をしていくために、早めの心構えと準備が必要です。そして、介護が必要になった時はできるだけ愛犬と長く一緒にいられるように楽しく介護したいですね。

介護の心構えの一つとして『老犬は今まで出来ていたことが出来なくなっていくことである』と知っていれば少しは余裕を持って愛犬に接することが出来ます。

反対に知らなければ「なぜ出来ないの!」「今までお利口さんだったのに!」などと苛立ち、愛犬に辛く当たってしまうこともあるのです。そうなってしまうとお互いに不幸ですよね。

愛犬の行動で今までと違うと感じる部分があったら、かかりつけの獣医さんにまずは相談してください。体の不調によるものか、老いて今まで出来ていたことが出来なくなってしまったのかを確認しましょう。

そして介護が必要になったらライフスタイルをどこまで飼い主側を優先できるか、どの部分を愛犬に合わせてあげられるかを考えなくてはいけません。

家族に助けてもらえる部分、獣医さんや老犬カウンセラーさんに頼る部分などを考えながら、出来るだけ無理をしない方法で介護をしましょう。

介護は「ゴールはここ」と決まっていません。長距離を走るつもりで愛犬とともに快適な生活を心がけてください。

介護の悩み1『食事の世話』

年とともに愛犬の嗜好が変化していき、食べ物を噛む力や消化能力が低下して行きます。それにより食が細くなっていくと大切な必要栄養素が取れなくなり体力もなくなってしまったり、病気にもなってしまいます。

筋力も低下していくので、食べやすい姿勢でフードを与えられるように、台の高さやお皿の位置の工夫が必要です。

首の筋肉の衰えから下を向くのが辛くなっていきます。足腰が弱っていたら体を支えてあげたり、立っていられない場合は寝たままでも食べられるように手でフードを口まで運んだりと補助してあげてください。

消化器官の衰えも考えて、1日に与える量の回数を増やして小分けにしてみる・小粒に変えてみる・半なまタイプに変えてみる・ぬるま湯でふやかしてみるなどの対策をしてみてください。

スープ状のフードもありますので、1日の必要な栄養が取れるように工夫が大切です。

フードを残す量が増えてきたら獣医さんに相談してください。味覚が薄れてきて何も美味しく感じないという場合や他の病気が隠れている場合もあります。

介護の悩み2『オシッコとウンチの補助』

飼い主にとって一番のストレスは排泄物の処理とニオイではないでしょうか。今まではちゃんとお散歩中やおトイレでしてくれて、処理もすぐに終えられたのに「どうしてこんなところで・・・」という場面が増えていきます。

我が家でも強烈なニオイの中で拭いても拭いてもウンチが取れない・・・ということもありました。

愛犬にとっても決してわざとではなく、おトイレに行こうと思ったら途中でおもらしをしてしまったり、痴呆により徘徊時に排泄してしまったり、体がうまく動かせなくてちゃんとしたつもりがトイレからはみ出してしまっていた・・・など様々な場面に直面します。

常に部屋の中はピカピカでいい香りを漂わせて・・・なんて生活とは全く違ってきます!

おもらしをしてもすぐに拭く事が出来るように絨毯を外したり、フローリングにオシッコシートを敷き詰めたり、排泄物のニオイがどこからか漂ってくるけど現物が見つけられなくて探し回った挙句「なんでこんなところで?」という場所でしていたり。ソファのクッションの上・ソファと壁の間・植木の後ろ・カーテンの裏・・・などなど。ウンチのついたカーテンまで丸洗いする羽目になんてこともありました。

愛犬に負担のない距離にトイレを置いてみる。トイレを複数いたるところに置いてみる。サークルで区切ってみるなど負担にならない場所を考えてみてください。

トイレの周りには防水シートを敷き、広範囲にオシッコシートを敷いておくなど失敗時にも備えておいてください。

老犬は筋肉が衰えて排泄の姿勢が取りにくくなっていきます。ふらついたりヨロけたりしている場合は支えてあげたり、オシッコしたいのになかなか出ない場合は下半身をさすって排尿を促してあげてください。

ウンチの場合は尻尾を持ち上げて肛門の周りを揉んで刺激してみます。綿棒やオイルを使っての刺激の仕方など動物病院でも丁寧に指導してもらえますので、ぜひ相談してみてください。

おもらしが多くなったり、長時間のお留守番の時はオムツの使用も考えてもいいと思います。オムツをする場合、お尻周りの毛は剃ってしまって排泄物が付いた時に拭きやすいようにすることが大切です。

毛の長い犬種ですと排泄物が毛に付きかぶれたり皮膚病になってしまう事があります。オムツがあたる部分は出来るだけ毛を短くしてください。尻尾の付け根あたりも剃っておくことがポイントです。

犬用オムツだけでなく、人間のオムツでも尻尾の部分をくり抜いて使えます。我が家も昔は人間用のオムツで介護していました。小さいコは赤ちゃん用オムツでいけますが、大きい犬種は老人用オムツを使っていました。

介護の悩み3 『歩行の補助』

お散歩は愛犬にとっていくつになっても大切です。筋肉が痩せ衰えないように、毎日適度な距離を愛犬のペースで歩くようにしましょう。

お散歩が大好きなコは特に好きな場所に行く日常が脳にもいい刺激を与えます。可能な限りお散歩は続けてあげたいものです。

小さい犬種であれば、疲れたようなら抱っこして負担を減らしてあげてください。大きい犬種は簡単に抱っこできませんから、距離や時間を愛犬の様子で変えてみてください。

公園などの目的地までペットカートに乗せて行くのも愛犬にとっては楽しくいい刺激になります。

後ろ足に力が入らず歩行が困難になっているようなら、タオルや補助器具を使って歩くことを諦めさせないことも必要です。でなければ早くに自力で立てなくなり、寝たきりになってしまいます。

介護の悩み4 『シャンプーをどうするか』

介護が必要な愛犬はオシッコやウンチが体についてしまう事が日常茶飯事になっていきます。ニオイや皮膚病予防の面からこまめに清潔にしてあげなくてはいけません。

体力も落ちているため、頻繁に全身シャンプーはできなくなります。その都度よく絞ったタオルや濡れティッシュなどで汚れた箇所を拭き取ってください。

水を使わなくて済むドライシャンプーもあります。

小さいコであれば抱きかかえて風呂場へ行き部分的にシャンプーもできますが、大きいコは風呂場へ連れて行くのもひと苦労のため、まめに拭いてあげましょう。

シャンプーをする場合は疲れさせないように手短に素早くしてあげましょう。

ドライヤーも長時間は疲れさせますので、暖かい日に吸水性の高いタオルを使うなど工夫が必要です。

介護の悩み5認知症の対策

認知症になるとわがままになったり夜中に徘徊したり食欲の急激な増加などがありますが、飼い主にとって一番のストレスは夜鳴きではないでしょうか。

昼間にぐっすり寝ていると夜中に鳴き通して飼い主自身の睡眠も妨げられ、ご近所迷惑も気になります。しかし夜鳴きだけの面で見ると一概に認知症からと言う訳ではなさそうです。

老犬になると視力や聴力が衰えてきて不安を感じ、飼い主を求めて夜鳴きをする場合があります。またどこか痛みを感じていたりトイレに行きたかったりと何か要求がある場合にも夜鳴きがみられる場合もあります。

しかし原因もわからず、日々の生活においてもおもらしをしたり、名前を呼んでも反応しなかったりすると認知症が疑われますのでまず獣医さんに相談しましょう。

加齢によるものだけでなく脳血管障害や栄養代謝障害、ストレスなどが原因の場合もあるようです。

現在認知症の治療薬はまだないようですがDHAやEPAのサプリメントやフードを利用したりするようです。

愛犬にもプライドがある!

介護をすることになって『今まで出来ていたことが出来なくなる』ということは飼い主にとっても辛くて負担も大変なことですが、愛犬自身が一番辛いことだと思います。

私個人の考えでは「ヨロけても、粗相をしても絶対に笑わないことが大切!」だと思っています。犬にもそれぞれプライドがあるのです。バカにされて笑われているのか、可愛がられて笑われているのをちゃんと判断しています。「何ヨロヨロしてるの?クスクス」なんてめちゃくちゃ傷つける事になるのです。

嫌味や悪口などなおさらです。「あーあ、またこんな汚い事・・・。」や「何も出来ないくせに」なんてもってのほかです!愛犬の前向きな気持ちも気力も全て飼い主の気持ちが伝わります。

いつまでもあなたのペットとしての『尊厳』を大切にしてあげてください。