めでペット
愛犬を介護しながら、お役立ち情報を探してみるブログ
ペットとの生活

持ち帰り弁当の残飯の中に捨てられた生まれたての仔猫

高校生の時にへその緒がついた仔猫を拾いました。

こんにちは!

今回はまた過去に遡った話になります。

私が高校生の頃、通学時は自転車で駅まで通っていました。それは6月の梅雨の時期の話です。学校からの帰り道、雨が結構降っていましたが自転車を置いて帰ると翌朝が徒歩になるのは嫌だったので、傘をさしながら自転車を引いて帰ろうと思い自転車置き場まで行きました。

そこは公的な自転車置き場ではなく、駅から近い親の知り合いの土地に自転車を置かせてもらっていたのです。通りから一本道を入った喫茶店が入っているのビルの裏でした。

自転車に荷物を入れて帰ろうとした時に、雨の音にかき消されるかどうかの微かな何かの音・・・。小さな小さな・・・声?「みぃ・・・・」

あれ?もう聞こえない。雨の音が大きかったので、何かの聞き間違い?
「み・・・・ぃ」「やっぱり聞こえる!?」

でも微かすぎてどこから聞こえるか分からないのです。キョロキョロする私。「み・・・・・・」胸騒ぎがしました。雨音の中から何か確実に聞こえてくる。でも何かがいる様子はない。人の通りもなく奥まった場所で周りには犬や猫を飼っている家もない。でも何かいる。

「どこに!?」

私は心臓がドキドキし始め、周りを探し始めました。でも何もいない・・・。
「おかしいな。聞き間違いではないはずなんだけど。」
ビルの裏なので喫茶店のゴミもお客さんが通る表の通りからは見えないように置いてありました。

そこに喫茶店の人が置いたゴミとは明らかに違う、関係者以外の誰かが置いたであろう持ち帰り弁当の容器が捨ててありました。パッとみたところ、その持ち帰り弁当の容器の中には食べ残したものが入っているのがわかるような蓋の閉め方だったのです。

「汚い捨て方・・・。」でも何か気になり私はその蓋に手をかけました。そっと蓋をめくってみると、その中には残飯と一緒に残飯の汁にまみれた目がまだ開いていない仔猫が入れられていました。

「!!」

なんて酷い事を!息を飲んで仔猫をよく見てみるとへその緒がまだついてる。息もしてる。弱々しく「みぃ・・・」と鳴いてくれた。
「生きてる!」

でも片足が青く腫れ上がってしまってる。
「足が何かのはずみで・・・そのせいで捨てられたのかもしれない!」

そしてすぐに動物病院へ

私は急いでその仔猫をいつもお世話になっている獣医さんの所に連れて行きました。先生はすぐにへその緒を切ったり色々な処置をしてくださって、温め方や排泄の促し方、ミルクの与え方を教えてくださって帰宅しました。

『足は無理だけど、生きられるかもしれない!』

私はそう信じて体を温めてやり、ミルクを与えて排泄のために綿棒で肛門を刺激してやって、しばらく母親代わりになれるように覚悟を決めていました。

可愛い可愛いその仔猫は梅雨の時期に拾ったから名前は『つゆちゃん』に決めました。

仔猫との初めての夜

つゆちゃんは生まれたての仔猫だったので体温を下げると危険という事でした。『私が母猫にならなくては』と、つゆちゃんをしっかりと胸に抱いて寝ました。

ミルクの時間が小刻みだったので、私はすぐに目覚まし時計の音で起きました。眠ってからまだ3時間ほどしか経っていないはずでした。

なのに・・・・・。

天国へ旅立ってしまったつゆちゃん

私が目を覚ました時にはもうつゆちゃんは息をしていませんでした。ほんの3時間前は「みぃ。みぃ。」と鳴いてくれていたのに?いつの間にひとりで逝ってしまったの?私はしばらく呆然とした後、夜中に小さな小さなつゆちゃんを手のひらの上に乗せて泣きました。

朝早くつゆちゃんを紫陽花の下に埋葬してあげました。それから毎年その紫陽花が咲くとつゆちゃんのことを思い出していました。

高校生の私が感じたことは

今思うとつゆちゃんを診てくださった獣医さんは、命がもうすぐ尽きてしまうことが分かっていたのかもしれません。足を診れば専門家なら分かるのではないでしょうか。

それでも獣医さんはほんのわずかな望みを私に託してくださったんだと思います。奇跡だってこの世にはあるのですから。

しかし私には無理でした。母猫の代わりにはなれませんでした。高校生の私にとってはかなりなショックでしたが、心ない人間にこんな捨てられ方をして、あのまま持ち帰り弁当の容器の中で息絶えてしまうはずだったのが、たとえ数時間だけでしたがミルクも飲んで一緒にねんねして・・・。
『ひどい人間ばかりではないと思ってくれたかな・・・。』と悲しみの中で考えていたのです。

あれからかなりの年月が立ちました。でも、毎年紫陽花が綺麗に咲く時期が来ると『つゆちゃんとの出会い』を思い出すのです。

最後に

つゆちゃんとはたった1日の家族生活でしたが、一生忘れることは出来ません。とても可愛くて可愛くて、育ってくれていたらどんなコになっていただろう・・・と考えてしまいます。

そんな可愛いコを生きたまま残飯と一緒にゴミとして捨てる人間がこの世にはいる事実・・・。

今の過剰なまでの猫ちゃんブームをみていると、決して一過性のものではなく家族になった猫ちゃんの一生を幸せなものにしてあげて欲しいと願います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございます。