めでペット
愛犬を介護しながら、お役立ち情報を探してみるブログ
ペット漫画

ペット 漫画(2)保護犬ももちゃんの歩き方。

辛い目に合い続けたももちゃんを保護してからのこと

こんにちは!

コミックエッセイ2回目も保護犬「もも」のエピソードです。

ももちゃんは出会った時はすでに11才になっていました。年は元の飼い主に確認したので確かです。敷地内に放置されたまま、飼い主一家は隣町のマンションに引っ越して行きました。その後更地にするための工事もありましたが、その間も片隅に放置され続けたのです。

水はナメクジだらけの雨水でしのぎ、数日ごとに飼い主の息子がドッグフードをドロドロに汚れたお皿に入れに来ていたということでした。

ある程度の情報はご近所に聞いて回って得たのですが、正直な感想は「ご近所さんたちはなぜ何ひとつ動いてくれなかったのか」ということです。飼い主と知り合いだから勝手なことはできなかったとは思いますが、匿名で保護団体へ連絡するとか、内緒で毛布の一枚でも・・・。

しかし現実は厳しいものですね。ご近所さんの中に一人でも心を痛めてくれたひとがいたのでしょうか。

ペット漫画(1)動物を保護することになる様々な状況とは?動物を保護する場面は様々です。 こんにちは! 動物を保護するというのは迷い犬や捨て犬、ブリーダーの多頭崩壊など場面は様々ですが、...

コミックエッセイ2回目です。

「ももちゃん布の柔らかさを知る」

布一枚与えてもらえなかった過去

ももちゃんを発見した時、古いハウスの中にはタオル一枚もありませんでした。硬くて冷たい底板のまま・・・。

ももちゃんの身体よりも重い鎖は短く、かろうじてハウスに入れる長さしかありませんでした。ハウスの外に出ても行動できる範囲は狭く、排泄物もハウスの入り口に溜まっていくばかりでした。排泄物の周りにはハエがたかり、異臭も相当なものだったのです。

歩き方を知らなかった事実

そんな重くて短い鎖に繋がれ、身体は小さくガリガリな状態で歩くことを知らずに何年も何年も生きていたのです。

元の飼い主との引き取り交渉の後、連れて帰ってもいいということになって初めて鎖をはずしてやれました。やっとのことです。

解放された時に本能で前に進もうとはできるのですが、歩いたことがなかったせいで他のワンちゃんがどうやって歩いているかもわからなかったようです。もちろん筋力も弱っていたせいもあったと思いますが、明らかに歩き方で戸惑っている感じがしました。

でも前には進みたいのです。歩きたいのです。そんな一生懸命な姿を見て私たちはまた泣いてしまうのでした。

そして我が家で布の感触を知る。

ペット美容室の予約の時間までに一旦家に連れて帰った時のことを今回のコミックエッセイに描かせてもらいました。

すぐにまた出て行くつもりで「少しだけ待っててね」と、ももちゃんを座らせその間に洗濯物を大急ぎで取り込んでいたのです。

洗濯物の山を見てももちゃんはどのように感じたのでしょうか。なぜ興味を持ったのか・・・。
少し離れたところから見て柔らかさを想像できたのでしょうか。本能・・・かもしれません。

そして私が気がついた時はもう洗濯物の山の上に登っていました。その時のももちゃんの顔はとても穏やかに思えたのです。そしてものすごく感動している・・・。

ももちゃん、これからは柔らかい毛布で寝て、柔らかいタオルでお顔も拭いてたくさん柔らかい物と触れ合おうね・・・過去を忘れられるくらい、幸せにしてあげたいと感じた瞬間でした。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。